WORK

自営業の経理について知っておくべき内容7選【種類と効率化】

自営業の経理について知っておくべき内容7選【種類と効率化】

自営業になったら、やらなければいけない経理業務って何があるんだ?

こんな疑問にお答えします。


会社員から自営業・個人事業主・フリーランスになったかたには、もしかしたら経理業務になじみがないかもしれません。


本記事では自営業になったらやらなければならない経理業務と、効率化について説明します。

記事の内容
  • 自営業の経理の種類
  • 自営業の経理の効率化
記事の信頼性
  • 個人事業主です
  • 会社員時代の最終役職が管理部長でした

自営業の経理の種類

自営業の経理の種類

それでは全体像を見ていきましょう。

  • 請求書
  • 入金・売掛金の管理
  • 経費・買掛金の管理
  • 確定申告

自営業をはじめると、このような経理業務を行っていく必要があります。

自営業の経理①:請求書

自営業の経理①:請求書

請求書の発行がもっとも重要といってもいいかもしれません。


なぜなら多くのBtoB取引(企業間の取引)の場合、請求書を取引先・お客様に送らないと、お金が入ってこないからです。


請求書のポイントです。

  • 請求日付は入れた?
  • 振込先の記載はした?
  • 品名・金額は正しい?
  • お客様の名前は入れた?
  • 源泉徴収を差し引いた?
  • 都度送る?1ヶ月分まとめて送る?

請求書のテンプレートは、無料でダウンロードできます。


お好きなデザインでいいですが、 原則ずっと同じ請求書を使用しましょう。


毎回請求書のデザインが変わっては、取引先から不信感を持たれます。


会計ソフトから作成すると、経理業務全体を見れる上に、管理もラクですね。

自営業の経理②:入金・売掛金の管理

自営業の経理②:入金・売掛金の管理

請求書を送付した後は、その金額が入金されたかをしっかりと確認しましょう。


BtoB取引の場合、請求書受領後、即振込をするケースは少ないです。


ある一定の条件に基づいて振込が実行されます。この条件を「支払条件」といいます。


支払条件はお客様との交渉で決まります。


よく聞く「末締め、翌月末払い」などが支払条件ですね。


入金待ちの状態を「売掛」といいます。


「売掛金」は商品を売った後に、お客様から受け取ることのできるお金のことです。

  • 企業間取引ではすぐに支払われないケースが多い
  • 売掛金の管理も行いましょう

入金を確認するまでが、ひとつの仕事です。

自営業の経理③:経費・買掛金の管理

自営業の経理③:経費・買掛金の管理

仕事に関わる出費のことを「経費」といいます。

  • 文房具
  • PCなどの美品
  • オフィスの家賃
  • 人を雇っている場合は給料

などがあり、「経費」の管理も、経営者の大切な仕事です。


文房具など一部は現金で購入することも多いです。


その場合「領収書」が重要になります。


経費管理には領収書が重要な役割を果たします。


日頃から領収書をもらう習慣を身に付けておきましょう。

  • 領収書をもらうクセをつけましょう
  • 領収書は管理しましょう

外部にWeb制作などを依頼する場合は、制作会社の請求書のもとに振込することが多いです。


請求書をもらってから振り込むまでの間と、その金額を「買掛金」といいます。



売掛金管理と同様、支払条件はお客様との交渉で決めますが、一般的には「末締め、翌月末払い」が多くなっています。


領収書の管理も会計ソフトを使うとラクです。

自営業の経理④: 確定申告

自営業の経理④: 確定申告

確定申告とは、1年間の所得を自分で計算、申告して、納税するまでの作業のことです。


所得税とは所得にかかる税金のことを指します。


正式名称は「所得税及び復興特別所得税」です。


一般的にサラリーマンの場合は、会社が納税の作業を行ってくれるため、確定申告の必要はありません。


以下の方は確定申告が必要になります。※一部抜粋

  • 個人事業主
  • フリーランス
  • 会社経営者

確定申告はぶっちゃけ結構めんどくさいです。。


会計ソフトを使用すると、確定申告の作業もはかどります。

自営業の経理の効率化

自営業の経理の効率化

正直なかなか経理業務はやることが多いです。


経理業務は売上に直結するわけでもないので、後回しになってしまいがちに。


なので、効率化も同時に行うのをオススメします。

  • ITを使用した効率化
  • 整理整頓による効率化
  • 外注による効率化

自営業の経理の効率化①:ITを活用する

自営業の経理の効率化①:ITを活用する

現在はPCで経理事務を行うことが、一般的です。

上記に挙げた「freee」「弥生会計シリーズ」が有名ですね。


使用している方も多いので、困ったときにすぐに解決できます。


無料で体験もできますので、試してみるのもありですね。

自営業の経理の効率化②:整理整頓による効率化

自営業の経理の効率化②:整理整頓による効率化

日本の経理事務はまだまだ「紙」が中心です。


これらの整理整頓による効率化も必要になってきます。

  • 請求書
  • 領収書

これらを保管しておくための、ファイルなどが必要になってきます。


さらにそれらを、処理済みと未処理にわけておく必要があります。

自営業の経理の効率化③:外注による効率化

自営業の経理の効率化③:外注による効率化

税理士にお願いするのもありです。


個人事業でも顧問税理士をつけている方もいます。


ただ、コスト面を考えると悩むところでもあります。


その場合は「青色申告会」を活用するのもオススメです。


「青色申告会」は、青色申告を行う個人事業主・小規模事業者で構成されている一般社団法人です。


税務・経理などをサポートしてもらうことができます。

自営業の経理について:まとめ

自営業の経理について:まとめ

経理の基礎を紹介しました。


個人で事業を始めたら、銀行口座・クレジットカード・財布などはちゃんと分けて、事業と私生活を区別しましょう。


経費の領収書を集めて、こまめに会計ソフトに入力する習慣をつけることも大切です。


経理・会計は大事です。


いくら売り上げて、いくらに儲かったかを管理するのはもちろん大事です。


さらに、今ある資金や資産をどう使うかを計画するためにも、会計知識は必要になってきます。


「freee」「弥生会計シリーズ」などの会計ソフトを活用して、効率よく経理業務を行いましょう。