転職

【考察】低学歴と高学歴に優秀であることの差はあるのか?

【考察】低学歴と高学歴に優秀であることの差はあるのか?

低学歴と高学歴でそんなに優秀の差はあるのかしら?

こんな疑問に自分の思うことを書いていきます。


この記事を書いている自分は中卒です。


ですので、参考になるかと思います。

低学歴と高学歴に優秀の差はあるのか

低学歴と高学歴に優秀の差はあるのか

先天的にはないはずです。


もちろんものすごい天才もいたりしますが、極めて少数派なので、論点としません。


なぜなら、生まれてくる状態は基本的にみんな一緒だからです。

ではなぜ低学歴と高学歴に分かれるのか

環境が原因で、低学歴と高学歴に分かれてしまうケースがほとんど。

  • 学校
  • 周りの環境

上記に挙げたことです。

親が借金を重ねていたり、ちょっと社会に反したような環境に置かれている場合です。


なんだかんだ、高学歴を取りに行くためには塾などにいって、学校以外の勉強をする必要があります。


その資金が用意できずに学校にいけないパターンも。

学校

学校に非行を重ねている生徒が多い場合ですね。


そもそも授業が成立していない場合も。


それによる学力の低下、周りに引っ張られて高校に行かないなどがあります。

周りの環境

周りの環境が原因のケースも。


いわゆる非行を重ねている人たちが、たまたま周りに多かった場合です。


人間はどうしても環境に左右されてしまいます。


特に思春期は大きく感化されてしまったりする可能性もあります。

低学歴が逆転するには起業が分かりやすい

低学歴が逆転するには起業が分かりやすい

起業になってくると、勉強以外のスキルも必要になってくるためです。


たしかに学歴のある人たちは、小さいときから勉強してきているので、もちろん勉強はできます。


しかし、その知識はあくまで、学校で習う教科に関してです。

起業で求められる能力は別物

学歴のある人が活躍している大企業と、起業とでは、ルールが違います。


つまり、大手会社員と起業家には、求められるものがまったく違うということですね。

では優位性に立てる内容は?

低学歴が高学歴より優位に立てる点は下記2点です。

  • 遊びの経験
  • とらわれない考え方

遊びの経験

趣味を活かして起業して、成功している人はたくさんいます。


趣味を生かしていく場合は、遊んできた経験も必要になってきます。


子供のころから勉強ばかりして、遊べないぐらいに働いている大手のサラリーマンには、難しいかもしれません。

とらわれない考え方

大手の会社員はというのは、組織のなかで協調性を求められています。

ミスをしない仕事をする方が重要なんですね。

もちろん会社にもよりますが。


受験のときからルールに縛られていたりするので、新しい発想が苦手という人も。


起業にとって大事なことは、誰もやっていないことを世の中に提供して、価値を生み出していくことです。

まとめ

まとめ

つまり、場合によって必要とされる能力が異なるんですね。


低学歴だから、高学歴だからと分けることなく、生活していくのがいいのじゃないでしょうか。


低学歴でコンプレックスを持っている方でも、人生を逆転することができます。

だからあきらめずに、思い立ったら行動しましょう。


思うだけでは人生は決して変わりません。