プログラミング

【体験談】プログラミングの仕事がきついと言われる5つの理由

【体験談】プログラミングの仕事がきついと言われる5つの理由

プログラミングの仕事ってなんできついっていわれてるんだろう…

こんな疑問に答えていきます。

記事の内容
  • きついと言われる5つの理由
  • ではSE・プログラマーの魅力とは

SE・プログラマーはプログラミングにたずさわる人のことです。


この記事を書いている僕は、社内SE、プログラマーとしての経験があります。


その経験から、どうしてプログラミングの仕事はきついと言われるのかを説明していきます。

プログラミングの仕事がきついと言われる5つの理由

プログラミングの仕事がきついと言われる5つの理由
  1. 労働時間が長い
  2. 給料が見合わないと感じる
  3. 顧客の都合に左右されやすい
  4. 分からないことにつまずく
  5. 新しい技術の習得が必要

上記にあげた理由こそがきついと言われている理由です。


それでは順番に解説していきますね。

労働時間が長い

労働時間の長さがよく言われます。

労働時間の長さ、つまり残業時間が多いということです。

なぜならプログラマーには下記2つのことが求められるから。

  • システムを完成させること
  • システムを守ること

システム開発には完成の期日が設定されていることが多いです。


そのため期日に間に合わなそうであれば、開発のスピードを上げる必要があります。


よって残業時間が増えてしまうんですね。

給料が割にあわないと感じる

経験やスキルによって給料の幅が大きい職業のためです。

経験が少ないうちは給料が低い傾向にあります。

プログラミング業界は会社によりますが、成果主義のところが多いです。


つまり特に経験値があまりないうちは、残業時間の多さもあり、給料が割に合わないのではと感じてしまいます。

顧客の都合に左右されやすい

プログラミングの仕事は顧客から依頼されることがほとんど。

  • 急な仕様の変更
  • 急な納期の変更

こんなことは日常的にあります。


中々自分のペースで仕事を進めたいと思っても、顧客が優先なため、きつい場合もあります。

分からないことにつまずく

プログラミングにバグはつきものです。

  • うまく動かない
  • どうなっているか分からない
  • そもそもそのプログラムが分からない

ググったり、先輩に聞いたりで解決しかないのもありますね。


さらにエラーのメッセージは大抵は英語か専門用語。


と、分かりづらいことも出てきたりします。

常に勉強が必要

  • 分からないことを理解するため
  • 最新技術の動向を学ぶ

分かりづらいことを理解するためにも、常に勉強が必要になってきます。


また、SE・プログラマーは常に最新技術を学んでいく必要があります。


未来をつくるのが、SE・プログラマーの仕事でもあります。

SE・プログラマーは常に最新技術を学んでいく必要があります。

プライベートでは勉強したくないというかたには、正直厳しいかと思います。

ではSE・プログラマーの魅力とは

きついことばかりを解説してきましたが、SE・プログラマーにはたくさんのメリットもあります。

  • 手に職がつく
  • 転職しやすい
  • 給料が高い
  • 独立しやすい

手に職がつく

SE・プログラマーを目指す一番の理由は「手に職が付く」ことですね。

これから需要が増えていく職業です。

どんどん新しいシステムが開発されていますよね。


プログラミング言語は共通言語。


いったん身に着けてしまえば、どこの会社にいっても、基本的にやることは一緒です。

転職しやすい

どこの会社にいっても、基本的にやることは一緒ということは、転職しやすいということです。

さらにSE・プログラマーの需要は高いです。

要はSE・プログラマーが足りないんですね。


よってしっかりスキルを身に付ければ、どこの会社に行っても通用します。

給料が高い

SE・プログラマーは給料が高いです。


日々スキルを身につける必要があるので、常に勉強は必要な職業ではあります。

が、非常にコストパフォーマンスのいい職業です。

会社員としてなら、他の職種とはそこまで大きな差はありません。


ただ、独立をしやすい職業でもあるので、独立すると会社員時代よりもはるかに稼ぐことが可能です。

独立しやすい

転職と同じ理由ですね。

  • どこでも通用するスキル
  • 人が足りていない

ということは独立しても、個人で仕事をもらいやすいんですね。


「レバテックフリーランス」「ギークスジョブ」のようなフリーランスエージェントを使えば、自分で営業することなく、仕事を受けることができます。

プログラミングの仕事がきついと言われる5つの理由:まとめ

プログラミングの仕事がきついと言われる5つの理由:まとめ

プログラミングの仕事がきついと言われる5つの理由を解説しました。

  1. 労働時間が長い
  2. 給料が見合わないと感じる
  3. 顧客の都合に左右されやすい
  4. 分からないことにつまずく
  5. 新しい技術の習得が必要

ただ、もちろん会社によって違います。


「ブラック企業」が減っているご時世でもあります。

悪い面ばかりを気にして行動できないほうが、人生のチャンスを逃します。

プログラマーに興味があるなら、まずは目指してみることをおすすめします。


分からないことは、その道のプロに聞いたりするのも近道。


プログラミングスクールの無料カウンセリングを活用するという技もあったり。


プログラミングスクールのおすすめランキング』でスクールを紹介しています。


ぜひ参考までにどうぞ。

プログラミングスクールおすすめランキング

【有料】プログラミングスクールおすすめ5社

1位:テックキャンプ

・代表はまこなり社長
・転職成功率99.0%
・転職できなければ全額返金
・月々35,000円から受講可能

あのホリエモンや本田圭佑も絶賛しています。正直、目的がエンジニアとして最短で就職することであれば、テックキャンプ一択です。それほどおすすめなスクールです。

おすすめ度
スキル・フロントエンド:HTML、CSS、JavaScript
・バックエンド:Ruby、Rails
・サーバー構築:AWS  など
料金・一括料金:648,000円(税抜)
・月々:35,000円(税込)から
受講形態通学・オンライン
場所渋谷・丸の内・大阪(なんば)・名古屋(栄)・福岡(中州)
ポイント・30代受講者も多い
・一般には公表されていない限定求人の紹介
・転職が決定するまでマンツーマンでサポート

公式ページ

2位:DMM WEBCAMP

・転職成功率は98%
・卒業生の離職率は1%程度
・実務を想定したカリキュラム
・3ヶ月以内に転職できなければ全額返金

DMM WEBCAMPの1番の強みは、受講生に寄り添った手厚い転職サポート。自己分析にしっかりと時間を割くことで、将来のキャリア像、受講生の潜在的な欲求まで引き出してくれます。

おすすめ度
スキル・フロントエンド:HTML、CSS、JavaScript、jQuery
・バックエンド:Ruby、Rails、MySQL
・インフラ:AWS など
料金・一括料金:628,000円(税抜)
・月々15,500円(税込)から
受講形態通学・オンライン
場所渋谷・大阪(なんば)
ポイント・最短3ヶ月でエンジニア転職を実現
・土日夜間講座で働きながら学習できる
・エンジニア転職のプロによる転職支援

公式ページ

3位:TechAcademy

・オンライン完結型
・20種類以上の豊富なコース
・全て現役エンジニアがメンター
・マンツーマンで週2回のサポート

1人では続かない方のための短期集中プログラム「オンラインブートキャンプ」を開催。現役のプロのサポートと独自の学習システムで短期間で成長できます。

おすすめ度
スキル・フロントエンド:HTML5、CSS3、JavaScript
・バックエンド:Ruby、Rails、PHP
・アプリ開発:Android、iPhone、Unity など
料金<4週間プラン>

・社会人:139,000円(税別)
・学生:109,000円(税別)

※期間とプランの組み合わせが多々あるので、詳細は公式ページでご確認をお願いします。

受講形態オンライン
場所オンライン
ポイント・プログラミング初心者でも安心できるサポート
・現役エンジニアに気軽にチャット質問ができる
・オリジナルサービスを開発できるようになるカリキュラム

公式ページ

4位:CodeCamp

・オンライン完結型
・受講者数30,000人突破
・レッスン満足度96.6%
・習得度に合わせたマンツーマン指導

プログラミング初心者が、仕事や学業と両立しながら最も効率よく、確実に学べる環境を提供。経験豊富な現役エンジニア講師による個人レッスンが、毎日・世界中のどこでも受講できます。

おすすめ度
スキル・フロントエンド:HTML、CSS、JavaScript、jQuery
・バックエンド:PHP、Java、Ruby、Rails
・アプリ開発:Swift、Android など
料金入学金:30,000円(税別)

<2か月プラン>
・マスターコース:148,000円(税別)
・プレミアムコース:248,000円(税別)
・プレミアムプラスコース:398,000円(税別)

※期間とプランの組み合わせが多々あるので、詳細は公式ページでご確認をお願いします。

受講形態オンライン
場所オンライン
ポイント・講師がみな現役エンジニア
・マンツーマン指導で細かく理解が進む
・毎日7:00から23:40まで年中無休でレッスンを開講
・LINEやガンホーなどの大手が研修として導入するほどのカリキュラム

公式ページ

5位:Tech Boost

・メンターは現役エンジニア100%
・オリジナルアプリを0から作れる
・オーダーメイドで目標に応じた受講
・エンジニア特化のキャリアサービス展開

テックブーストは受講生に対するメンターの多さと、それによるサポートが手厚いと評判。他のプログラミングスクールと比較して、圧倒的なコスパが特徴。

おすすめ度
スキル・HTML、CSS、Ruby、PHP
・javascript, jQuery
・ブロックチェーン / AI / IoT など
料金<通学>
入会金:269,800円(学生199,800円)
月額 :29,800円

<オフライン>
入学金:184,800円(学生147,800円)
月額 :29,800円

※全て税抜き

受講形態通学・オンライン
場所渋谷
ポイント・オーダーメイドのカリキュラム
・渋谷の教室を利用し放題・直接指導も
・いつでも現役エンジニアメンターに質問できる
・最新の技術(ブロックチェーン、AI、IoT)が学べる

公式ページ

【無料】プログラミングスクールおすすめ3社

1位:GEEK JOB
・20代転職希望者は無料
・講師は現役プログラマー
・最短3週間のハイスピード転職
・500社以上の企業から紹介を受けられる

20代で提携企業に転職するという条件付きで、授業料・就職サポート料ともに完全無料なのが大きな特徴です。無料プログラミングスクールでは断トツで人気のスクールになります。

 
おすすめ度
スキル・フロントエンド:HTML
・バックエンド:PHP、Java、Ruby、データベース など
料金0円
受講形態通学・オンライン
場所東京(九段下・四ツ谷駅)
ポイント・転職成功率97.8%
・受講者満足度97.3%
・学習だけでなく、転職することゴール
・よって実践的なカリキュラムと環境を提供

公式ページ

2位:ProEngineer

・30歳までなら完全無料
・正社員就業率96.2%
・充実の就職支援
・優良企業へ就職可能

30歳までなら完全無料の「ProEngineer」。未経験・第二新卒・フリーターから、ITエンジニアを目指します。プログラマー、システムエンジニアを目指したい方は要注目なスクールです。

 
おすすめ度
スキル・フロントエンド:HTML
・バックエンド:Java、JSP
・開発基礎:システム、設計、UML など
料金0円
受講形態通学・オンライン
場所東京(池尻大橋)
就職サポート・無料の実践型就職支援講座
・20代フリーター、既卒、第二新卒への厚いサポート体制
・有名企業で有給インターンも体験可能

公式ページ

3位:ウズウズカレッジ

・30歳までなら完全無料
・就職、転職した卒業生は1,000人突破
・入社1年以内の定着率97.3%

コーチからは仕事や就職活動に関することを学び、同級生や卒業生とは情報交換したり、お互いに刺激を与え合える環境のあるスクール。社会人に必須とされるビジネスマナーなどを学ぶ、全員共通の社会人基礎カリキュラムも受講します。

 
おすすめ度
スキルJava、Ruby、Pythonなど
料金0円
受講形態通学
場所新宿、横浜、大阪
ポイント・オーダメイド面接対策
・プロによる就活情報の提供
・経歴だけで判断しない『強み』が活かせる求人紹介

公式ページ

おすすめのプログラミングスクール一覧

スクール料金おすすめ度
テックキャンプ有料5
GEEK JOB無料5
DMM WEBCAMP有料4.5
ProEngineer 無料4.5
TechAcademy有料4
CodeCamp有料4
Tech Boost有料4
ウズウズカレッジ 無料4