スキンケア

肌荒れを治す食べ物は?【肌改善して女性にモテよう】

肌荒れを治す食べ物は?【肌改善して女性にモテよう】

肌荒れを治すために食生活を見直したいけど、何を食べたらいいの?

こんな悩みにお答えします。


結論としてはバランスのいい食事になります。

バランスのいい食事ってなに!!具体的に何食べればいいのさ!

ではバランスのいい食事とは何か。


本記事では、肌荒れを治すための食べ物を、栄養素とともに紹介します。


本記事を読むことで、肌荒れがよくなる食べ物が分かり、肌改善につながります。

記事の内容
  • 肌荒れを治す食べ物と栄養素
  • 肌荒れを治す食べ物:補助

肌荒れを治す食べ物と栄養素

肌荒れを治す食べ物と栄養素

清潔感のある肌のためには、からだの内側から見直すことがまじで重要です。


栄養バランスのとれた食事はその基本になってきます。

ビタミンA

ビタミンA

ビタミンAには、皮膚・粘膜を健康に保ってくれる働きがあります。


皮膚や粘膜が健康になって、肌のうるおいも保たれ、乾燥のお悩み解消になります。

  • レバー
  • パセリ
  • うなぎ
  • かぼちゃ
  • にんじん
  • ほうれん草

ビタミンB2

ビタミンB2

ビタミンB2は皮脂のバランスを調整し、皮膚や粘膜の健康を維持してくれます。


他にも髪、爪などの細胞の再生。


細胞を傷つけ、老化の進行の原因となる過酸化脂質を分解・消去する働きもあります。

  • 納豆
  • 牛乳
  • のり
  • わかめ
  • レバー
  • たまご
  • うなぎ
  • アーモンド

ビタミンB6

ビタミンB6

ビタミンB6は肌のターンオーバーのリズムを改善してくれます。

  • 大豆
  • 豚肉
  • レバー
  • たまご
  • バナナ
  • いわし
  • まぐろ

ビタミンC

ビタミンC

ビタミンCは、紫外線などの酸化ストレスから肌を守ってくれます。


また、ビタミンCは体内でコラーゲンを合成する際に、必要な栄養素になってきます。

  • かんきつ類(みかん・レモンなど)
  • キウイ
  • いちご
  • ゴーヤ
  • ブロッコリー
  • 小松菜
  • 豚肉

タンパク質

タンパク質

タンパク質は、肌細胞やコラーゲンをつくる素となり、肌代謝をうながしてくれます。

  • 肉類
  • 魚類
  • 大豆類
  • たまご
  • 乳製品

鉄分

鉄分

鉄分は全身に酸素を運ぶ赤血球をつくる栄養素です。


血流を改善し、くすみやクマを防ぐ

  • 昆布
  • レバー
  • ひじき
  • あさり
  • 小松菜
  • まぐろの赤身

肌荒れを治す食べ物:補助

肌荒れを治す食べ物:補助

肌荒れを治すための補助として、化粧水乳液を使用しましょう。


食生活を見直すのが、内側からのスキンケア。


外から肌を守るのは、化粧水乳液になります。

肌荒れを治す食べ物:まとめ

肌荒れを治す食べ物:まとめ

見直すと、レバーって無敵ですね。レバー食べれないんですよ自分。


ただ、なんでもそうですが、かたよった摂取はオススメできません。


全体をまんべんなく食べるようにしましょう。


個人的なオススメはビタミンC。


ミカンを1日1個から2個食べるだけで、肌荒れ解消にインパクトありました。


肌荒れを治して、女性受けする肌を手に入れましょう。